無題ドキュメント

皮膚科形成外科医院池野クリニック

池野皮膚科形成外科クリニック
〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目14?4

03-3538-1344
クリニックのお知らせ

インフォメ|ション

インフォメーション


2021.09.15新規ざ瘡外用薬(USA発院長開発品 1、院長と栃尾藤田医大特任教授開発品1,ドイツ発 1)処方のお知らせ

No.新規ざ瘡外用薬(院長開発品 1, ドイツ発 1, USA発 1)処方のお知らせ

たまたまでございますが、院長池野と共同研究者の栃尾藤田医大外科特任教授とで開発した新規ざ瘡外用薬(ぬりぐすり)リン酸ビタミンC(VCローションの主成分)+エリスリトール(糖アルコール)混合ローションと、USA発院長開発2%MCローション、ドイツミュンスタ―大学皮膚科(M.Bohm教授)発のVC添加新規ダプソンゲルを、9月27日よりサンプル処方いたします。
院内診療予約患者さまの診察時、ざ瘡状態に応じて、サンプル処方させていただきます。

皆さま、もちろん従来のVC製剤およびダラシン・ダプソンでほぼ完治されていますが、
ニキビの悪化因子のマスク生活の長さのために、跡が完治しなかったり、小さなニキビを口回りやあごに繰り返したり、と仰る患者さまが、増加しています。
コロナ禍前にはすべて完治されていた方々が、1日の大半を、悪化因子であるマスクで過ごされているために、どうしても少しは、出てきてしまうようです。コロナ禍前のように、1年中、綺麗な肌でいたい、と仰る患者様の要望に応じ、上記外用剤を開発いたしました。
自分でいうのもなんですが、ここ15年、アジア地域では唯一、新規ざ瘡治療薬を開発し続け、欧米学術誌で評価された当院処方のものですので、かなりの有効性が獲得できるだろう、と自負しております。

オンライン診療や投薬の患者様にはお出しできませんが、コロナもかなり落ち着きましたが、まだまだ油断はできませんし、冬には第6波が来る可能性もあり、お越しになるのを来年になさっても、サンプル処方できますので、どうぞ、あくまでコロナ禍の状況をくれぐれもご考慮ください。
早く、お肌をきれいにされたい、と思われる患者さま方のお気持ちは痛いほどわかりますが、あなたさまのお肌は、来年でも十分、いや今までの人生で(新規薬剤・スキンケア製剤の効果で)最高レベルにまで、きれいにさせて頂けます。現在、ニキビや皮膚疾患だけにとどまらず、欧米で肺の炎症(11月3日のインフォメーションに参考文献あり)、潰瘍性大腸炎、循環器疾患、眼科疾患にまで、その活性酸素除去による抗炎症効果が応用されてきているリン酸ビタミンCの先駆者池野が言うのです。ご安心ください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。お互い、くれぐれもコロナには防護してまいりましょう。

       池野皮膚科形成外科クリニック   池野  宏

一覧へ戻る