無題ドキュメント

皮膚科形成外科医院池野クリニック

池野皮膚科形成外科クリニック
〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目14?4

03-3538-1344
クリニックのお知らせ

メッセ|ジ

メッセージ


2021.09.18

皆さまここまでがんばったんだから

No.471

お久しぶりです。皆さまおかわりありませんか?ごぶさたしてすみません。実は私、8月から、自院診療時間外の曜日時間に、新型コロナウィルス対応の片隅で及ばずながら、その一端を担っておりました。

とは言っても感染症専門医ではないので当然入院患者さまケアではなく、ワクチンの問診、自宅待機者、ホテル療養者の方々との連絡、ナースさんとの相談…です。

医学部同級生の病院がコロナ対応病院でありまして、すでに「野戦病院化」しておりましたのでお呼びがかかり、若い頃の救急外来時代を振り返って自分にできることを拾い集めて働いておりました。

 

なぜか「感染者数」がクローズアップされて、その数に一喜一憂している傾向がありますが、それより大切なのは発症者数、特に中等症、重症者数です。中等症と言えど発症してしまったらどれだけ苦しいか、実際の声はなかなか報道されません。

しかしたとえ、「中等症」と言えど、とにかく「苦しい」です。肺を破壊していくので呼吸しづらくなる、それは「まるでフルマラソンを走らされているようだ」「水の中で生きているようだ」と口をそろえられます。

 

さらに注目するべきは「後遺症」。未知のウィルスですからどのような後遺症が出るのか、その情報や統計すらまだまだの状態ですが、「脳に影響が出て記憶の一部分が欠落してしまった」「感情コントロールが以前より難しくなった」その他、脱毛、倦怠感(起き上がれないほどで、20代の若い方々も1か月以上続く事が多々あります)、味覚嗅覚障害…いずれもまだ研究途上です。後遺症はいつまで続くのかわからないところに、身体だけでなく精神的不安が大きいそうです。しかし100年に一度のパンデミックですから、今の時点で何もかも情報を求めるのは無理があります。

 

くりかえしですが、とにかく「基本」に戻りましょう。アルファ、ベータ、デルタ、ラムダ、ミュウ、カッパ…と地球上生物の大先輩であるウィルスはどんどん変異して人間に忍びよります。しかし防御を徹底していれば入るスキはありません。「手洗い(消毒)・マスク・ソーシャルディスタンス」、すでに1年半を迎えていますがごいっしょにがんばりましょう。

私が目にした苦しそうな表情の重症患者さま、あれがもし自分のご来院患者さまだったらと思うと、それ以上に辛いことはありません。

 

油断することなくご一緒にがんばりましょう。

一覧へ戻る