無題ドキュメント

皮膚科形成外科医院池野クリニック

池野皮膚科形成外科クリニック
〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目14?4

03-3538-1344
クリニックのお知らせ

メッセ|ジ

メッセージ


2021.12.09

同じく12月8日には…

No.474

前回につづき12月8日と言うと、今ではこちらの方が有名かもしれません。

1980年ジョン・レノンが亡くなった日です。当時、私は学生、日本時間12月9日昼頃、ひどく散らかった下宿の部屋で、何気なく聞いていたラジオニュースが開口一番、

「元ビートルズ、ジョン・レノンが射殺されました。」

このとても短いシンプルすぎる一文が、事の重大さをいっそう引き立てているようでした。その報道以降、あらゆるメディアで事件は伝えられ、音楽番組はジョン・レノンの曲一色になりました。報道では狂信的ファンから至近距離で撃たれたと聞きました。

まだ40才でした。

 

当時、ちょうど「Double Fantasy」と言う素敵なアルバムが発表されたばかりで、その初めに「Starting Over」(もう一度やりなおそう)と、これまた優しい曲が入っていました。あれほどloveとpeaceをうったえていたその人には「射殺」と言う言葉が持つ鋭い恐怖など全く結びつきません。世界中が天を仰いだものでした。

 

どなたもがご存じで、よく聞かれるのは「Imagine」。

 

「みんなで描いてごらん、この世に天国なんてない、地獄もない、ただ空と大地があるだけ。国なんてない、殺す理由、死ぬ理由、宗教もなく、ただみんなが分かち合い、

平和に生きるんだ、この世界を…簡単なことだよ。

ただの夢だとあなたは笑うかもしれない、でもきっと僕一人じゃない。

いつかあなたも仲間になって、一つになった世界で生きるんだ…」

 

とても短い要約ですが、皆さまそれぞれのお心で色々にお受け取りでしょう。

森の中にあるお城のような部屋で、ピアノを弾き語り、時々ジョン・レノンがカメラ目線で歌うので、いつ聞いても心に沁みます。

 

ただ、今の世の中を見渡すと、当地日本は平和であるものの、すぐ近くの香港では民主主義が叩かれ、西の方に行けば一つの国の中で傷つけあう「内戦」や、宗教絡みの戦いが今も終わっていません。ちなみにアフガニスタンは今、極寒、その中で防寒具から不足しているそうです。気候変動による森林火災、干ばつ、洪水も増加、色々な差別……

 

「Imagine」のメッセージは今もfantasyのままのようです。

無力な自分が情けなくなります。

 

一覧へ戻る